fc2ブログ

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿渡御(短縮)

4月7日(日)の神輿見学旅の最後は秦野市寺山の鹿島神社へ。
事前に今年は短縮渡御で行うとの情報を得ていましたので、夕刻に神社へ向かいました(神輿渡御自体は隔年で行われます)

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿

夕刻からの宮出しに備えて神輿は既に弓張提灯を飾りつけ夜仕様になっていました。

定刻になり神輿がお発ちします。

2024年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿宮出し

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿宮出し

この姿で宮出しするのは大変貴重なのではないでしょうか。

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿宮立ち

一の鳥居の脇には桜が見事に咲き誇ってました。
提灯を付けたスタイルでこの向きで撮れることもこの先あるのでしょうか。

今回は残念ながら神社前の道路の往復のみとなってしまいました(事情はわかりません)
5年ぶりの神輿渡御でしたが、出せないよりかはいいかと思うしかありません。

一旦県道まで進みUターンして圓通寺前で式典が行われました。
その後提灯に火を点したりと待ち時間がありましたので、参拝を兼ねて境内を散策。

鹿島神社の社殿の脇には境内社の「厄神社」があり、この日は扉が開けられていて中がよく見えました。

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 厄神社神輿

中央には本殿の代わりでしょうか古い神輿が使用されてました。これは新たな発見でした。今の神輿の前に使われてたものなのでしょうか?(現行のものよりかなり小ぶりです)
その他にも倉庫には使われていない山車があったりと、新たな発見がいくつかありました。
祭礼時は普段開けられていないとこも見れたりと神輿だけでなく神社も色々と見ておくべきだなと思った瞬間でした。

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿渡御

神輿は提灯に火が灯り再び県道手前までの往復で、そこから宮入となります。

令和6年 神奈川県秦野市寺山 鹿島神社例大祭 神輿宮入

休憩挟んで2時間の渡御でしたが、久々に宮入風景を見ることができました。
次回はどうなることかわかりませんが、従来通りの渡御に戻ることを願うのみです。

動画もありますので、そちらもご覧いただけると幸いです(ナイトシーンは編集で明るさを増してますが見づらくて申し訳無いです)





追記
神輿渡御とは関係無いことですが、この前日に私が師と仰いだ神輿研究家の先生が昨年亡くなられていたと神輿仲間から聞きました。ここ寺山の鹿島神社は8年前に撮影でご一緒した思い出の場所となってしまいました。その時も桜が見頃で桜と神輿を一緒にフレームに収められて満足しておられたことを思い返してとても複雑な胸中でした。
もう教えを乞う事も叶わなくなってしまったと、とても残念でなりません。
大変遅くなりましたが、心よりご冥福をお祈りいたします。

令和6年 神奈川県中井町井ノ口 蓑笠神社例大祭 井ノ口神輿保存会 神輿宮入

4月7日(日)の神輿見学旅4箇所目は大磯から秦野に向かう途中、中井町井ノ口の蓑笠神社前を通ると神輿が宮入する前に休憩しているタイミングだったので急遽撮影に。
ここは井ノ口神輿保存会「鳴若会」の神輿が渡御の途中に宮入します。
神社では余興が行われており、これが終わるのを待っている最中でした。
暫く待っていると余興が終わり、神輿が宮入して来ました。

令和6年 神奈川県中井町井ノ口 蓑笠神社例大祭 井ノ口神輿保存会 神輿宮入

境内の桜は満開でとても良いタイミングでしたね。
お祭気分とお花見気分が相まって待っていた人達も高揚してるかのようでした。

2024年 神奈川県中井町井ノ口 蓑笠神社例大祭 井ノ口神輿保存会 神輿宮入

神輿は社殿に向けられて甚句を入れて盛り上がりは最高潮に達します。

令和6年 神奈川県中井町井ノ口 蓑笠神社例大祭 鳴若会 神輿宮入

大いに盛り上がった後神輿を下ろし神社役員さんと鳴若会会長さんの挨拶があり、一本締めて宮から出て行きます。

2024年 神奈川県中井町井ノ口 蓑笠神社例大祭 鳴若会 神輿宮入

神社から出ると鳥居付近まで担がれて台車に載せられたのを見送りながら秦野へと戻りました。

動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。




令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿渡御

4月7日(日)の神輿見学旅3箇所目は中郡大磯町黒岩に鎮座する池之神社へ。ここは神輿好きの方のブログで知ったのがきっかけで数年前に一度出向いた事がありましたがその時は空振りで、前日の神輿見学時に神輿仲間から明日やってるかもと聞いたので再チャレンジしてみました。

令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿1
令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿2
令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿3

お昼ちょっと前に神社に着いたのですがどなたもいらっしゃらず、神輿が置いてあったので撮影してたところ役員さんが来られたので挨拶して宮出しの時間を聞いて13時から式典とのことで一旦昼休憩を挟んでから再び神社へ出向きました。

令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿宮出し

近隣と思われる方々や茅ヶ崎の方も応援に来られていました。

ここは平塚・二宮との境と言ってもいい地区で周辺はゴルフ場などが多く自然に囲まれた場所で、暫く神輿は出ていなかったようですがしっかりとした神輿があるので復活して良かったと思えたひと時でした。
神輿はやはり担がれてなんぼですからね。

2024年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿宮出し

令和6年 神奈川県大磯町黒岩 池之神社例大祭 神輿渡御

担ぎ方はどっこいで甚句を入れながら渡御して行きます。

神社を出て暫く担いで休憩となり、そこでお暇しました。
やっと神輿を見れて行ったかいがありました。

渡御の様子は動画を見ていただけると更にわかるかと思います。




令和6年 平塚市万田 愛宕神社 秦野市平沢 御嶽・八坂神社 例大祭神輿渡御

4月7日(日)の見学で短時間の滞在だったのが、まず戸川の見学から平塚市万田へ行き愛宕神社に程近い場所で休憩中の神輿を発見。

令和6年 神奈川県平塚市万田 愛宕神社例大祭 神輿渡御

休憩が終わるのを待ち撮影しましたがすぐに台車移動となってしまったので、そのまま見送りました。
前年は短縮渡御でしたが、今年は従来通りに戻ったようです。
もう少し撮影したかったのですが台車移動で車から離れてしまう為断念し、大磯へと向かいました。


続いて、大磯→中井の井ノ口へと経由し、秦野に戻ってきて平沢の御嶽・八坂神社へ。神社の役員さんに神輿の大体の場所を聞き三協町で神輿を発見。

令和6年 神奈川県秦野市平沢 御嶽・八坂神社例大祭 神輿渡御

こちらは暫くしたら休憩になってしまい次の予定があった為、ここも断念して次へ向かいました。
昨年はトラックに載せて回られてたのでちょっとでも担がれてる姿を見れて良かったです。

神輿を見つけられただけでも良かったですが、どちらも超短時間の滞在だったので静止画だけの紹介となります。

2024年 神奈川県秦野市戸川 八幡神社例大祭 神輿渡御

4月7日(日)の神輿見学一箇所目は地元秦野の戸川に鎮座する八幡神社へ。
久々の宮出し見学です。

令和6年 神奈川県秦野市戸川 八幡神社例大祭 神輿宮出し

ここは今尚伝統を引き継いでいる白丁による宮出しが行われています。
この地域は見たところ子供も沢山参加していましたし、氏子の参加も多そうですのでまだまだ伝統は引き継いでいかれるだろうと羨ましくも思えるひと時でした。

白丁による宮出し(参道の往復)を済ませると半纏姿に着替え、応援団体を交えて氏子地域へと向かって行きます。

令和6年 神奈川県秦野市戸川 八幡神社例大祭 神輿渡御

途中菜の花が咲いていたので花越しに撮ってみました。

神社を出て北西へと向かいますが、新東名高速の開通によりかなり雰囲気が変わったようです。

2024年 神奈川県秦野市戸川 八幡神社例大祭 神輿渡御

新東名の上を通る道路が作られ、景色はがらりと変わりました。

2024年 神奈川県秦野市戸川 八幡神社例大祭 神輿渡御 新東名越え

伝統と新たな環境が融合した一場面を見送って次の見学場へと向かいました。

動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。




令和6年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 神輿宮出し

4月6日(土)の神輿見学3箇所目は秦野市菖蒲の上秦野神社の宮出しへ。

令和6年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 宵宮

手前から上秦野神社(旧 八幡宮)、柳川の御霊神社、八沢の八坂神社の神輿がお発ちを待っています。

2024年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 宵宮
一番手前は八沢の子供神輿

以前宮出しを見に来た際(2015年)は八沢は唐櫃でしたが、本神輿になってたのが嬉しい誤算でした。

令和6年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 神輿宮出し
元々の相州型の蕨手の姿を一度見ておきたかったのが悔やまれます

令和6年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 柳川神輿(御霊神社)宮出し

令和6年 神奈川県秦野市菖蒲 上秦野神社例大祭 八沢神輿(八坂神社)宮出し

菖蒲・柳川・八沢の順で宮出しされました。
それぞれ自分の地区に戻って行きます(菖蒲の神輿は御旅所の熊野神社へ)

八沢の八坂神社は新東名高速の開通に伴い社殿が取り壊しになってしまい移転されたようなのですが、そちらもまだ行ってないので気になるところです。

翌日の連合での宮入は他地区の見学と時間が被ってしまうので断念しましたが、また見学に訪れたいと思っております。


動画もありますので、そちらもご覧いただけると幸いです。




令和6年 神奈川県秦野市羽根 須賀神社例大祭 神輿渡御

4月6日(土)の神輿見学2箇所目は地元秦野の羽根・須賀神社に向かいました。
前年は短縮渡御で宮出し・宮入以外はトラックに神輿を載せて行われたそうですが、今年は従来の渡御形式に変更となりました(短時間の見学でしたが以前よりトラック移動が多くなった印象は受けました)

令和6年 神奈川県秦野市羽根 須賀神社例大祭 神輿宮出し

境内の桜も見頃を迎えてました。

令和6年 神奈川県秦野市羽根 須賀神社例大祭 神輿渡御

2024年 神奈川県秦野市羽根 須賀神社例大祭 神輿渡御

令和6年 神奈川県秦野市羽根 須賀神社例大祭 神輿渡御2

所々花が咲き誇っていて春祭りの雰囲気もたっぷりの中を進んで行きました。

この日は昨年「はだのふるさと大使」に就任されたLUNA SEAの真矢さんも参加されていて、太鼓を叩く姿も拝見出来ました。
人気ドラマーの原点でもある祭太鼓の演奏はやはり惹きつけるものがあります。
Youtubeにはその姿も収めてありますので、ご覧になっていただけると幸いです。





撮影に夢中になって周囲に気を配ることを忘れたらいけないなと改めて思ったひと時でした・・・


令和6年 神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿渡御

4月6日(土)に神奈川県小田原市田島に鎮座する津島神社の例大祭を見学してきました。昨年伺った際は神社創建800年と山車の創建200年を記念して山車の運行はされてましたが神輿の出輿は無く、その際に役員の方から来年は神輿出せるといいんだけどとお聞きしてたので少し期待して行ってみました。以前は神輿の渡御は3年に一度との事でしたがここ最近は不定期での出輿となっているようでしたし、コロナ禍もあったので少し不安でしたがこの日久々に神輿を拝見することが叶いました。

令和6年 神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿宮出し

境内の桜も見頃を迎えており、とても華やかな雰囲気の中で宮立ちしていきます。
境内を3周回ってから鳥居を潜り氏子地域へと向かいます。

2024年 神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿宮出し

令和6年 神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿渡御

拝殿前に設置された神社由来の中で神輿に関しても触れられており、昭和10年(1935)奉納 作者:鳥居清吉 彫刻:松野良光 と記載されておりました。

神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿彫刻

胴体周りの彫刻は精巧な作りでとても魅力的です。

神奈川県小田原市田島 津島神社 神輿彫刻 松野良光作
彫刻の一部に名前が彫られていました

次の見学を予定しておりましたので、宮出しから少しの区間でしたが久々にここの神輿を見れて嬉しいひと時でした。
次回またこの姿を見れることを切に願っております。

動画もありますので、見ていただけると幸いです。




眞田交友会さん 50周年記念神輿渡御見学

少し前になってしまいますが、3月10日(日)に平塚市真田に鎮座する真田神社の祭礼を仕切っている眞田交友会さんの50周年を祝う神輿渡御が行われ見学してきました。
担ぐのは宮神輿です。

眞田交友会伍拾周年記念 神輿渡御

ここの神輿を初めて見たのが30周年記念の時で(2002年)、日中担がれるのを見れるのはこういう時に限られるので今回また貴重な場面を見れて嬉しかったです。

眞田交友会50周年記念 神輿宮出し

晴天にも恵まれ寒さも和らぐ中で最高の神輿日和となりました。

眞田交友会50周年記念 神輿渡御

眞田交友会50周年記念 真田自治会館

渡御は眞田神社祭礼時に御仮屋が組まれる真田自治会館までの往復で、所要があった為前半のみの見学になりましたが、晴天の下でキラキラ輝きながら担がれる姿を見れて良かったです。

眞田交友会さん50周年誠におめでとうございました。

動画もありますので、ご覧いただけると幸いです。





令和6年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭

今年の神輿見学第一弾は先週の土曜日(2日)に神奈川県松田町寄(やどりき)に鎮座する寄神社の例大祭でした。
寄の呼称は公式には”やどりき”ですが、”やどろぎ”とも呼ばれています(隣接する市となる私の地元では昔からやどろぎでした)

昨年の見学の際は境内でお囃子の演奏だけが行われていましたが、本年は神輿渡御が復活しました。

令和6年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭 神輿宮出し

宮出しの際は薄っすらと晴れ間がのぞいてたのですが段々と曇り空に覆われ、寒い中での祭礼となりました(寄は山間の地区なので平地より気温が低いです。渡御中は雪も少し舞っていたとのことでした。)
そんな中ですが、久々に渋神輿を見ることが出来ました。

2024年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭 神輿宮出し

宮出しの見学は最初の神酒所までで、その後はトラックに載せての渡御となりますので一旦見学はお休みです。

宮入の頃を見計らって再び神社近くへ。

宮入前の最後の神酒所から本来でしたら担いで神社へ向かいますが、この日は時間が押していたとの事で神社の近くまでトラックで移動し、その後宮入へと進みました。

令和6年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭 神輿宮入

交代要員の居ない白丁は大変そうでしたがもう一息の踏ん張りどころです。

境内には地元の方が大勢詰めかけ宮入の見せ所神輿の揉み回しを楽しんで見てました。

2024年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭 神輿宮入

令和6年 神奈川県松田町寄 寄神社例大祭 神輿揉み回し

境内では白丁以外の人も加わって右へ左へと神輿を振って荒々しく担ぎ回ります。
コロナ禍明けでの久々の神輿を十分楽しむかのように大いに暴れた後、無事に還幸となりました。

松田町の秘境とも呼ばれているこの地区ですが、近年は人口減少も目立っているようで色々とご苦労があるかと思いますが、末永くこの祭礼が続けられることを願っております。


動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。




占いブログパーツ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

茅ヶ崎神輿康
茅ヶ崎神輿康
オリジナルギフトのご用命は
杉山タイル 桃さん工房
おススメ シャンプー&コンディショナー
飯塚理容館 オリジナルシャンプー&コンディショナー
小杉ゆん ちゃん
小杉ゆん
うつし金蒔絵  お神輿
神輿の蕨手 和柄Tシャツ
Wooden Art ki-gu-mi 神輿
ゴルフ好き必見!
ホイル紙鳳凰
ちりめん神輿(大)
ちりめん神輿(小)
ミニ太鼓セット
神輿大全
NHK ふるさとの伝承 関東 / ドキュメンタリー
お薦め
プロフィール

まいてぃ354

Author:まいてぃ354
神輿サイト『まいてぃ’s どっこいHP』管理人のまいてぃです。
相模の県央から西側、湘南等を中心に神輿を担いだり撮影したりしております。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード