FC2ブログ

八重垣神社祇園祭

電車に揺られること3時間強。小田急~総武線~総武本線と乗り継ぎ、総武本線の八日市場駅に着いたのが17:00前。ここに着くまで途中単線で、田園風景の中を揺られて来ましたが、八日市場駅の周辺は住宅や店舗で賑わってました。
駅には若者が溢れていて、街全体が祭り気分で覆われてる雰囲気でした。駅でスイカ人間に車で拾ってもらい、お世話になる町会(萬町)の祭事々務所へ。そこで、今回お世話になった釣具店経営の吉田さんに会い、半纏をお借りして、色々案内してもらいました。
神社へ行くと既に神輿と担ぎ手、観客でごった返してました。
ここは俳優の地井武男さんの出身地で、年番町の渡御の際にはご本人も先頭を歩いてらっしゃいました。写真は残念ながら撮れませんでした。
ここは日にち決まりの祭礼ですが(8月4,5日)毎年必ず参加されているようです。
ここの担ぎの特徴はお囃子に合わせて担ぐこと。
神輿の周りには女子中高生が祭り衣装に身を包み、お囃子に合わせて跳ね回り、神輿を煽ります。まるで、青森ねぶたまつりのハネトのようでした。若いエネルギーってやっぱり凄いですね(苦笑)
”あんりゃ、どうした~”と言う独特な掛け声で、大きく揉んで担ぎます。江戸前とどっこいの中間位のリズムですね。これが延々と続いて行きます。
萬町の出番では、神社を出て暫く進んだところで、神輿の中へ。
担ぎ手、煽り手の熱気で酸素が薄く、息苦しいです。それでもお囃子のリズムや周りの掛け声につられて大いに揉みまくります。萬町は少しゆっくりなリズムでしたが、心地よいリズムで、帰ってからもお囃子が暫く耳に残ってました。違う地域の特色ある神輿に触れると、とても刺激がありますね。吉田さん曰く、県の観光協会にも相手にしてもらえない田舎祭りですよと謙遜されて仰ってましたが、いやいや地域一体となった素晴らしい祭りだと感じました。
周りでギャルが煽ってイベント化しつつあるそうですが、少しづつ形は変わっていっても、いつまでも祭りを続けて行く、それが一番大事なことですよね。祭りを引き継いで行くのは若者ですし、若者が参加し易い雰囲気にするのも祭り存続のためには必要なことかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

占いブログパーツ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オリジナルギフトのご用命は
おススメ シャンプー&コンディショナー
飯塚理容館 オリジナルシャンプー&コンディショナー
小杉ゆん ちゃん
小杉ゆん
うつし金蒔絵  お神輿
神輿の蕨手 和柄Tシャツ
Wooden Art ki-gu-mi 神輿
ゴルフ好き必見!
ホイル紙鳳凰
ちりめん神輿(大)
ちりめん神輿(小)
ミニ太鼓セット
神輿大全
NHK ふるさとの伝承 関東 / ドキュメンタリー
お薦め
プロフィール

まいてぃ354

Author:まいてぃ354
神輿サイト『まいてぃ’s どっこいHP』管理人のまいてぃです。
相模の県央から西側、湘南等を中心に神輿を担いだり撮影したりしております。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード