FC2ブログ

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿宮出し

本日(9/22)は初めて平塚市土屋に鎮座する熊野神社の例大祭での神輿宮出しを見に行ってきました。
いつもは他の祭礼に行ってましたので、途中の渡御自体もなかなか見る機会はありませんでしたが、今年は時間の都合もついたので宮出しだけ見に行ってきました。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭

天気が崩れる予報でしたが、朝はまだ青空が広がって気持ちのいい天候でした。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿宮出し

ここの神輿の特徴はなんと言っても一際目を惹く蕨手ですね。
一時期蕨手の仕様が変更されていた時代を経て、昔の形に戻されています。
平成20年に茅ヶ崎 神輿康さんの手により修復されてます。ついこないだと思ってたら、もう10年以上経ってしまったんですね(汗)
やはりこの蕨手の形状をみると伊勢原市の三之宮 比々多神社の神輿を連想してしまいますが、三之宮から譲り受けたという説が残ってるのも蕨手だけ見ると頷いてしまいますね。

氏子により境内からお発ちした神輿は、その後友好団体も交えて氏子地域へと向かっていきます。
隔年で渡御経路の回り方が変わるようですが、今年は宮を出て西方面へと進んで行きます。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御1

こういう時代を感じさせる建物との絵は何とも言えず良いものです。

2019年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御1

朝から多くの友好団体が集まっていました。
平塚でも秦野との境になりますので、平塚西部でよく見かける団体が多いのは自然な流れなんでしょうね。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御2

この記事を書いている時点ではまだ晴れてますが、よく見ると遠くから雲が厚くなってきています。予報では段々と傘マークが並んでいるので、あとは降り始めのタイミングだけって感じですかね。折角の秋晴れですので、何とか宮入まで雨降らないようにもつといいですね。

2019年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御2


短い時間でしたけど、神輿を見送って帰路につきました。

動画も撮りましたので、そちらも載せておきます。






令和元年 秦野市下大槻 台風15号接近の中での健速神社例大祭

一昨日(9月8日)は宮本青年会として、秦野市下大槻の健速神社の例大祭へ神輿渡御応援として参加してきました。
台風15号が関東地方へ向かってくる中での執行となりました(関東への台風上陸は3年ぶり)。
今年は宮出しからお邪魔してきました。宮本青年会としてはかなり久々の朝からの応援となります。

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿宮出し

2019年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿宮出し

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿渡御1

宮出し後、東名ガード下方面へ向かいますが、朝から火渡りの連続です。。。
東名ガードしたを一旦通過する頃にパラパラと雨が降ってきて、このまま夜まで降りっぱなしかと覚悟はしましたが短時間であがり、日中はそんな感じで過ぎていきました。

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿渡御2
怪しい雲の様子、わかりますか?

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿渡御・南平地区

峰地区の渡御からトラックでの移動を挟んで、午前中の南平地区の渡御へと移ります。
午前中は平塚市・土屋との境方面を渡御します。
こちらの画像を見てもらうとわかる通り、遠くに青空が広がっており、この日はめまぐるしく天候が変わりました。
午前中は南平の自治会館で神輿を着座させ、昼休憩へ。
宮本青年会は一旦八坂神社へ戻り、昼食をとって午後からのメンバーと合流し再び南平へ戻ります。

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿渡御・台風15号

南平地区から下大槻団地を経由し、峰上の御旅所へ。
この頃には黒く厚い雲も多くなり、今にも降りそうな気配を漂わせてました。
宿矢名を発つ頃にはかなり大粒の雨が降ってきて、段々と台風が接近してる気配が強まってきました。
そして、夕刻の提灯を付ける段階になると降り方も激しくなり、いよいよ来たなと覚悟させる状況でした。
提灯は例年屋根部分にも付けられますが、今年はそこの部分には付けずに、大鳥の前と軒の部分だけになりました。
神社へと向かう道中も雨は降ったり止んだりを繰り返しましたが、何とか土砂降りにはならずに済んで宮入へと進んでいきました。

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿・夜渡御1

いつもは神社の階段脇と道路沿いに露天商が出ておりますが、さすがにこの日は店を開くことは無く、神社前はいつもと違う雰囲気でした。

2019年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿・夜渡御1

雨にも係わらず麦藁は燃されてましたが、雨の影響でしょうか、若干少なめだったように感じました。
また、雨と風でいつも以上に煙が多く、写真を撮っても煙っててとても見難い写真ばかりで、載せれる画像が極端に少なかったです(バッテリーの充電も少なかったので、宮入まであまり撮れませんでした・・・)

令和元年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿・宮入渡御
宮入へ向けて神輿を先導する3名

2019年 神奈川県秦野市下大槻 健速神社例大祭 神輿・宮入渡御

心配されてた風雨も宮入間近で多少強まってきてましたが、当初危ぶまれていた宮入神事の「おおや」も往復回数を減らす事無く、無事に宮入を済ませられました。

結局渡御中はそこまで酷い雨の降りにならず、ずぶ濡れにならずに済みました(提灯の飾り付け時が酷い降り方で、準備されてた関係者の皆さんはそこでずぶ濡れでしたけど・・・)

この後、駅前まで出て宮本青年会の直会を行いましたが、帰りはきっちりずぶ濡れでしたけどねw

何はともあれ、参加された皆さん、お疲れ様でした。

今年も下大槻青年会、南平青年会の皆様には大変お世話になりました。
とても楽しい一日を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!
引き続きの良いお付き合い、何卒宜しくお願い致します。


昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭 竿灯パレード

ラストは、昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭の竿灯パレードに出場してた車です。

この年は同級生と一緒にたばこ祭に行ってたようで(写真がありました)、写真の枚数が極端に少ないですが、残しておきますね。


昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭 竿灯パレード1
仲宿商店会

昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭 竿灯パレード2
大道商和会

昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭 竿灯パレード3
上宿商栄会

昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭 竿灯パレード4


昭和60年と言えば虎党には忘れられない年ですね。そう、日本一になった年です。
たばこ祭が行われる9月ではまだリーグ優勝は決まってませんでしたが、一足先に優勝パレード?してました。
でも、何故か後ろにはジャイアンツの旗も振られてます(笑)
検索してみると、タイガースとジャイアンツ、カープが優勝を争ってたようですが、9月が終わる頃にはだいぶタイガースが優勝に近づいてたみたいですけど、この題材をいつの時点で決めたのかが、非常に気になるとこです。



さて、駆け足で竿灯車の画像を紹介してみましたが、現在のフロート車に至るまで中断もありましたけど、長い歴史の中のごく僅かな車達いかがでしたでしょうか?

しょぼい写真ばかりで申し訳ありませんでした><
あの頃、デジカメあったらよかったのになぁとつくづく思います(下手な鉄砲数打ちゃ当たる戦法です・・・苦笑)

こうやって見返すと、この時代の飾りはビニール提灯が多く使われていることがわかります。
竿灯と言うと秋田の竿燈まつりが有名ですが、多くの提灯を長い竿に多数掲げるスタイルから発展した形なので、提灯は欠かせないものだったんでしょうね。

当時多く出場してた各地域の商店街は高齢化が進んでおり、また大変経費も掛かることですから、中断から復活した今、なかなか出場チームが増えない状況はわからなくもないですが、歴史を重ねてきたたばこ祭の中でも注目度抜群の行事でもありますので、1台、2台と少しづつでもまた増えていくといいですね。


最初にお話したクラウドファンディングは下記のリンクから支援が行えます。




たばこ祭の活性化にも繋がると思うので、是非応援してみてください(ちなみに、このご本人とは全く面識ございませんので、あくまでも私が触発されて記事にしているだけです^^)


今回の画像はフィルムスキャナーから取り込んでます。フィルムから画像を取り込んで明るさ調整などをソフトを使用して加工しております。
当時のプリント写真もまだありますが、退色していまっていると考えられる事や当時のプリントは自動で行われていたため一枚一枚の色の再現とか最適だったとは思えないので、プリント写真をスキャナーするよりかはフィルムからの方がより自分の好みに加工できると思いそうしました。
とは言え、撮影技術が未熟なので、当然ソフトでの加工も限界があります。
細部が多少でも見えやすいように、少し露出オーバー気味な仕上げにはしてあります(何せ夜の撮影ですから)

もし、フィルムからのデータ化で悩んでる方がおられましたら、お気軽にお問い合わせください。


今年の秦野たばこ祭は令和元年(2019)9月28日(土)・29日(日)に開催です。 ⇒ 第72回 秦野たばこ祭



昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード

続いて、昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭の竿灯パレードに出場してた車です。

この年は写真が少し多かったです。

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード1
日本専売公社秦野工場

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード2
駅前通り商店街

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード3

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード4
上宿商栄会

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード5
仲宿商店会

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード6

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード7
商青連

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード8
片町商店連盟

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード9
鶴巻商工連合会

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード10
入船商興会

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード11
片町第一商店街

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード12
大道商和会

昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭 竿灯パレード13
秦野青年会議所


この年は主に金井酒造前(元町にあった時。今のマルハンかな?)で撮ってましたね。

日本専売公社秦野工場の車が時代を物語ってます(無くてはならない存在ですよね)。提灯にはタバコの銘柄が書かれている所も、時代を感じさせますね。

駅前通り商店街は、西遊記を題材にして、三蔵法師がポニー?乗っているとこがいいですね^^

仲宿商店会の孔雀は羽が持ち上がって広がるという、かなり凝った作りになってます。

和の題材の他には、前年1983年に放送されたサントリーCANビールのテレビCMからのペンギン(聖子ちゃんの『SWEET MEMORIES』」が勝手に頭に流れてきますねw)や、同じく1983年からアニメ放送が始まった「キン肉マン」など、やはり時代を切り取った題材が散見されます。



ラスト(昭和60年(1985年) 第38回秦野たばこ祭)は次の記事へ。




昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード

続いて、昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭の竿灯パレードに出場してた車です。


昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード・たばこ音頭
パレードを先導するたばこ音頭パレード。伝統の衣装です。

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード1
桜街商店会

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード2
仲宿商店会

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード3
鶴巻商工連合会

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード4
片町第一商店街

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード5

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード6
片町商店連盟

昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭 竿灯パレード7
上宿商栄会


この年は1981年からアニメ放送が始まった「忍者ハットリくん」の車が登場。1983年の3月から月曜19:00~19:30のゴールデンタイムに放送されたことをみると人気に拍車がかかって来た時期でもあり、題材として取り上げられたのでしょう。

浦島太郎や一寸法師のような昔話、龍虎の戦いのような純和風の題材、そしてこの年もスペースシャトルが登場してました。

キングコングを模したカタマチコングは、ゲーム「ドンキーコング」からの流れでしょうか。
1981年にアーケードゲームで登場し、1983年にはファミコンに移植されてるようなので、映画からというよりは年代的にゲームのコングでしょうね。

ミニーマウスが登場しているのは(たぶん、ミニーの後ろに居るのはミッキーかと)、この1983年の4月に「東京ディズニーランド」が開園しているからでしょう(お城のモチーフはシンデレラ城かな?^^)

その年に話題になった題材で作るのには、何月位から構想を練っていたんでしょうね。
構想~図面作り~材料集め~製作 という流れなんでしょうけど、どの団体もかなり気合が入ってたことが想像できます。


続き(昭和59年(1984年) 第37回秦野たばこ祭)は次の記事へ。



昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭 竿灯パレード

続いて、昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭の竿灯パレードに出場してた車です。


昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭 竿灯パレード1
かろうじて提灯に片町の文字が見て取れます

昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭 竿灯パレード2
鶴巻商工連合会

昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭 竿灯パレード3
入船商興会

昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭 竿灯パレード4


この年は忠実屋の前での撮影ですね。
枚数少ないです><

ここではスペースシャトルの竿灯車が目を惹きますね。
前年の1981年にスペースシャトル「コロンビア号」が初めて宇宙空間への飛行に成功し、この年(1982年)の11月には4名の飛行士が搭乗して初めての実用飛行が予定されてた時期でもあり、非常に話題になってたことから題材として選ばれたのでしょう。
日の丸が付いちゃってるところはご愛嬌ですね^^

3枚目は竿灯車が連なってる感じが見て取れていいですね。本当はこういう写真が沢山あるといいのですが、どうしても上物に目がいってしまい、全体がわかる写真など少なくて見返すと後悔の念に駆られるばかりです(苦笑)

1枚目の像の造形や(駄洒落じゃないですよw)、4枚目のカボチャの馬車?の馬の作りとか、今見ても完成度高いですね。
ほんの二日間のためだけに、ここまで作り込む意気込みは、ただただ感服するばかりです。


続き(昭和58年(1983年) 第36回秦野たばこ祭)は次の記事へ。


秦野たばこ祭竿灯パレード 昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭

つい先日、Facebookのグループの記事の中で、秦野たばこ祭のフロート車のクラウドファンディングの記事を見つけ、フロート車に人生を掛けてまで(その方の表現です)力を注いでる人が居るんだなぁと感心ついでに、私も若かりし頃フロート車(その頃はまだ竿灯車って呼ばれてたかな)の写真を数年間撮っていたので、ちょっと掲載しておこうかなと思い、今この記事を書いてます。

前から記録としてサイトの方に載せようかなぁと、ぼんやりとは考えていたのですけど、いい機会なので勢いでこちらのブログに載せておこうと思います。

昭和56年(1981)の第34回~昭和60年(1985)の第38回まで写真がありました。
当時中学~高校にかけてで、父親のカメラを借りて撮りに行ってました。
カメラも使いこなせてた訳でもありませんし(未だに使いこなせてません><)、何せフィルムの時代ですから、そうそう枚数は撮れないので全部の車を撮っている訳でもなく、またピンボケやへたっぴなアングルで拙い写真ばかりになりますが、少しでも記録になればと思っております。

年毎に記事は分けて書こうと思います。
まずは、昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭・竿灯パレードから、一部の車です。


昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード1
入船商興会

昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード2
上宿商栄会

昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード3
上の写真の後ろ側です(ガンダム)

昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード4
駅前通り商店街

昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード5
片町商店連盟

昭和56年(1981年) 第34回秦野たばこ祭 竿灯パレード6
上のガンダムとは違う車(団体)です⇒追記 仲宿商店会だそうです。何と乗っていた二人は幼馴染で、その一人がこの記事を見てくれて自分だと教えてくれました^^


パレード開始地点の末広小学校からバス通りに出る所で撮ってますね。
竿灯車はその年に話題になった事柄や秦野にちなんだ歴史、昔話、おとぎ話、アニメ等々から題材を考えて作られてました。

この年は機動戦士ガンダムを題材にした2台の車が写ってました。
機動戦士ガンダムは1979年に放映が始まりましたが、当初はそれほど人気が出なかったようで、再放送を重ねていくうちに人気に火がついたアニメで、この年の1981年にはガンプラも含めてかなりの人気になってたので題材に取り上げられたのでしょう。

写真しか残ってませんので、どれがどこのチームで作られたのかは明確ではありませんが、写真のどこかに写ってる場合は団体名を記しておきます。


続き(昭和57年(1982年) 第35回秦野たばこ祭)は次の記事へ。



占いブログパーツ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オリジナルギフトのご用命は
おススメ シャンプー&コンディショナー
飯塚理容館 オリジナルシャンプー&コンディショナー
小杉ゆん ちゃん
小杉ゆん
うつし金蒔絵  お神輿
神輿の蕨手 和柄Tシャツ
Wooden Art ki-gu-mi 神輿
ゴルフ好き必見!
ホイル紙鳳凰
ちりめん神輿(大)
ちりめん神輿(小)
ミニ太鼓セット
神輿大全
NHK ふるさとの伝承 関東 / ドキュメンタリー
お薦め
プロフィール

まいてぃ354

Author:まいてぃ354
神輿サイト『まいてぃ’s どっこいHP』管理人のまいてぃです。
相模の県央から西側、湘南等を中心に神輿を担いだり撮影したりしております。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード