FC2ブログ

本来であれば・・・

まだまだ予断を許さない新型コロナ情勢が連日伝えられている中ですが、本来であれば昨日今日と地元の八坂神社の祭典が賑やかに行われているところでした。しかし、ご多分に漏れず氏神様の例大祭も本年は式典のみで神輿渡御はありません。秋に行われる近隣の神社祭礼も神輿渡御は中止との情報があちこちから聞こえてきてますが、本当に寂しい一年となりそうです。
神輿渡御はありませんが、一年中輿堂にしまったままもよろしくないので風通しと清掃を兼ねて神輿は少しの間境内には出す予定でおります。
梅雨らしい長雨が連日続いてましたが、今日は雨にならずにその点は良かったです。

私は現在忌中の身でありますので神社に行くことも無く家でじっとしておりますが(苦笑)、来年は今年の分まで盛大に祭礼が執行できることを願って止みません。
新型コロナに関しては本当に早く収束の見通しか、薬の開発が進んで欲しいですね。
どうか皆様、この先もくれぐれも健康で過ごされるようにお祈り申し上げます。

今は我慢・・・

毎日新型コロナウイルス関連のニュースや話題で埋め尽くされている令和2年の春。
例年ですと、この時期は平日でも練習している太鼓の音が聞こえてきますが、それも無い寂しい春となりました。
4月に多くが集中している秦野の神社祭礼も、入ってくる情報は神輿渡御の中止ばかり。。。
4月どころではなく、それ以降の近隣や都内の大きな祭礼やイベントも次々と中止や延期の情報がSNSで見受けられます。
今は我慢(=辛い事を耐え忍ぶこと)です。
まずは自分が感染しないことが第一で、そして知らずに撒き散らすことが無いよう、本当に必要なことだけに集中するしかないですね。
今年の4月までの祭礼は本来でしたら令和初の祭礼となるところでしょうが(式典だけされるところも多いようので、神輿に限って言うと令和初の祭礼における神輿渡御ですね)、来年まで持ち越しとなってしまう関係者の方々の心中お察しします。

こんな状態がいつまで続くのかわかりませんが、収束した暁には大いに盛り上がることを期待して今は耐え忍びましょう。。。


お陰様でサイトが20年経ちました

2020年3月5日 お陰様で本日サイト『まいてぃ’s どっこいHP』を立ち上げてから20年が経ちました。
これまで大きなトラブル無く運営できてきたのも、皆様が大きなお心で温かく見守っていただけた事に尽きると思います。
また、画像の撮影や提供、情報提供などなど、多くの皆様に支えられてこれまで続けてこれました。
サイトを始めた当初は「祭」や「神輿」に関する知識も乏しく、それに対して色々とご指導いただいたことは、サイト運営に限らず祭礼における振る舞いなどにも大変役立っております。
輿場においては本名よりも「まいてぃ」の名で呼んでいただくことが多く、これもまた喜ばしい事と感じております。
係わってくださった全ての皆様に、心より厚く厚く御礼申し上げます。

20年もやっておりますとネットの環境も様変わりしておりまして、近年はSNSが主流になっておりますので個人のサイトはそちらに押され気味であるのが一般的な傾向であると認識しております。
特に速報性という点では太刀打ちは出来ないですよね。
私自身も中々あちこちに顔を出せない環境の中で、ある程度お邪魔できる祭礼が限られてしまってきてたりしており、サイトではなくブログやYoutubeで済ませたりと当初の勢いはすっかり無くなってきておりますが、積み重ねて来たものですから細々でも続けて行こう、そしてこれからも続けていきたいと思いつつ活動しております。

思い返そうと思っても20年分も振り返れないので(苦笑)、皆様に感謝の言葉を述べるに留めておきます。

そういった本日、20年やってこれた御礼を氏神様にお伝えしてきました。

御門・八坂神社の近況ですが、手水鉢に柄杓が置かれるようになりました。

令和2年 秦野 御門 八坂神社 手水鉢 柄杓

手作り感満載なとこが素朴ながらも地域に根付いたお宮さんらしくて好きですw


2020年3月 秦野 御門 八坂神社


参拝時に丁度日差しが降り注いできて、温かい心で御礼を申し上げることができました。
20年続けてこれたのは恩頼(みたまのふゆ)もあってのことで間違いないとも感じております。

また、八坂神社は疫病退散を願う神社でもありますので、最近の混乱を引き起こしている新型コロナウイルスが早く収束するようにとも願ってまいりました。
疫病退散の目的で始まったとされる「祇園祭」の頃にはすっかり騒ぎが収まってることを切に願っております。
残念ながら既に祭礼を断念されたとSNS上で目にする機会も増えておりますが、ここが正念場とも言われておりますし、まずはウイルスを取り込まない・拡散しないという観点で熟慮して日々を送っていくしかないですね。


と、いつもながら思ったことをあまり整理せず書き綴っておりますが、こんな調子でこれからも続けて行きたいと思っておりますので、ほんのちょっとでも気に掛けていただいて、これからも気長にお付き合いいただけると幸いです。

令和2年 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は相変わらずの不定期更新にも関わらず当ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございました。
本年もマイペースな更新になると思いますが(苦笑)、御贔屓の程よろしくお願いいたします。


令和2年 秦野 御門 八坂神社 元旦祭


初詣は氏神様の八坂神社へ。
今年も快晴の元旦でしたね。
とてもいい一年の始まりではないでしょうか。

本年も皆さんにとって、素晴らしい一年になりますことをお祈りいたします。


幼馴染を・・・

今日、幼馴染を見送ってきました。。。
こんな別れが来るのはまだまだ随分早いよ。
小学校3年からの付き合いで、彼の実家は床屋だったのでそれから40年弱通い続け、彼も家業を引き継いで30年近くは髪を切ってもらってたかな。
彼に切ってもらうようになってからは、面と向かって話しているよりも鏡越しに話してた時間の方が長かったかも。
思い出されるのは鏡越しに動き回る笑顔で元気な彼の姿ばかりでした。

このひっそりと続いてるブログの数少ない読者の一人で、以前投稿したたばこ祭の竿灯車の記事で何となく使った一枚にその彼の子供の頃の姿が映っていて(自分は言われるまで気づいていませんでしたが)、病気の痛みで眠りから覚めて気晴らしにブログ見たら載ってて笑っちゃったよとLINEで連絡くれたのがつい二月ほど前のこと。
それからこんな短い間に今日みたいな日が来るとは・・・
きっと克服してくれると信じてたんだけど、本人が一番無念だろうな。

今なお小学校のクラスの仲間が担任の先生含めて繋がることができていたのは彼のお陰と言っても過言ではありません。
8年前には先生の還暦のお祝いもできました。
昨日今日と先生と一緒に見送れたのは良かったけど、教え子を見送る先生はとても辛そうでした。
核となる人だっただけに、これからどうしようってクラスの仲間も心配してたけど、ここまで繋げてきてくれた縁はこれからも大事にしていこうと思ってます。

突然いつもと違う雰囲気の記事ですいません。
このブログを読んでくれてた幼馴染への想いをほんの一部ですが残しておきたかったので。

天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川

10月22日は今上天皇陛下が即位を内外に宣言された「即位礼正殿の儀」が行われました。この日の午後、寒川町で寒川神社が主となる天皇陛下御即位奉祝神輿渡御行事委員会の主催で寒川四社(寒川神社、菅谷神社、倉見神社、一之宮八幡大神)の宮神輿による奉祝渡御がJR相模線『寒川駅』前から寒川神社までの間で行われました。
この日は雨が降り続いておりましたが、「即位礼正殿の儀」に合わせたかのように雨があがり、渡御が始まっても雨が降る事無く済みました。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川駅前1
寒川駅前から発輿。左から倉見神社、寒川神社、菅谷神社、一之宮八幡大神

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川駅前2
駅前なのでバス優先の為、暫しその場で担ぎながら待ちます

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@神馬
この日は神馬も登場です。跨っていらっしゃるのは寒川神社の利根宮司

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川駅からの渡御風景
寒川駅前より一列に連なって寒川神社を目指します。

既にお気づきかもしれませんが、寒川神社を除いて三社は相模神輿伝統の白捩り仕様です。
浜降祭では倉見と一之宮は寒川神社同様紫の飾り綱を使用してますが(近年は両社とも例大祭では白捩りで渡御)、四社揃う中でのこの姿は大変貴重な姿となります。
あくまでも私見ですが、、、寒川さんも白捩りだったらもっと良かったんですけどねぇ。。。(もうその姿は見られそうになさそうですけど)
それと、各社の記念の旗(社名旗の代わりについてる旗)も付いてなければ大鳥や屋根紋もしっかり見えますし、美しいと思うのですが、記念行事には付き物になってしまっていますから仕方ないですかね。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川神社参道1

役場前を通過し、産業道路を渡り、参道を経て寒川神社へと向かってきました。このルートは浜降祭の還御と一緒です。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川神社参道2

この賑わいわかりますかね?とても記念となる渡御ですので、大勢の神輿好きが集まってました。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川神社参道3

神門前まで到着した祭列。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川神社1

1基づつ神門から御社殿の前へ入ります。寒川神社以外の神輿がこの場へ入るのは二度目だとか(浜降祭では神門の外で三社は待ってます)。
とても貴重な場面となります。

令和元年 天皇陛下御即位神輿渡御行事@寒川神社2

4基並んで甚句を入れながら社殿前で前後しながら大変盛り上がった後、神輿が下ろされ三本で一旦締められました。
この後、手筒花火が奉納され、その後再び担がれて三社が帰還されたそうですが、私はここでお暇いたしました。
大変貴重な渡御に参加させていただきまして、誠にありがとうございました。

動画もありますので、そちらもご覧いただけると幸いです。









久々の結婚祝い神輿渡御に参加@ホテルサンライフガーデン

10月19日に神輿仲間の平塚・田村のナオキ君がめでたく結婚式を挙げ、お祝いに神輿渡御が行われたのでお邪魔してきました。
平塚の結婚式での神輿と言えば、ホテルサンライフガーデンですね。
今回は平塚帝會顧問の伸ちゃんの万灯神輿と茅ヶ崎 神輿康さん所有神輿の2基での渡御となりました。
この二基での渡御は今回が初めてですかね。

2019年 ナオキ君、サユキさん 結婚祝賀神輿渡御1

サンライフガーデンといえば、この教会は外せませんね。
なかなか良いアングルで撮れないのが腕の無さですな・・・

2019年 ナオキ君、サユキさん 結婚祝賀神輿渡御2

ナオキ君と新婦サユキさんの仲間が大勢かけつけ大変な賑わいで渡御は行われました。

2019年 ナオキ君、サユキさん 結婚祝賀神輿渡御3

夜の渡御ですので、短い時間となってしまいましたが、その分終始盛り上がりっぱなしで二基は担がれました。

2019年 ナオキ君、サユキさん 結婚祝賀神輿渡御4

ナオキ君、サユキさん、ご結婚誠におめでとうございます。
どうぞ末永くお幸せに^^

動画もちょっとありますので、載せておきます(ここからしか見れません。ちょっと暗いのはご勘弁を)




令和元年 第52回伊勢原観光道灌まつり 神輿繰り出し@大神宮通り商店会

10月に入って最初の神輿場は第52回伊勢原観光道灌まつりと一緒に行われている第45回商工まつりでの神輿繰り出しです。
今年は個人的に地元の仲間と共に大神宮通り商店会の平塚帝會さんと茅ヶ崎 神輿康さんの神輿にお邪魔させていただきました(10月6日)。
例年同様、いろは會さんも一緒に3基での渡御になります。

令和元年 第52回伊勢原観光道灌まつり 神輿繰り出し・大神宮通り商店会

2019年 第52回伊勢原観光道灌まつり 神輿繰り出し・大神宮通り商店会


雨が心配されましたが(なので、帝會さんはビニール掛けてます)、殆ど降られることなく済んで良かったです。
コース等々は例年同様ですので、特にコメント無しで(苦笑)

休憩の間、本町商店会で繰り出されている松龍會さんにお邪魔いたしました。

令和元年 第52回伊勢原観光道灌まつり 神輿繰り出し・本町商店会

休憩が終わったのを見計らって、再び大神宮通り商店会へ戻ります。

令和元年 第45回 商工まつり 神輿繰り出し・大神宮通り商店会

終盤、平塚帝會さんと茅ヶ崎 神輿康さんは並んで盛り上がります。

2019年 第45回 商工まつり 神輿繰り出し・大神宮通り商店会

最後は再び本部前に戻り3基が並んで甚句を入れ、大いに揉んだ後渡御は終了となりました。

平塚帝會さん並びに茅ヶ崎 神輿康さん、今年も担がせていただきまして、誠にありがとうございました。


動画もありますので、載せておきます。




令和元年 相模國四之宮 前鳥神社 例大祭・神輿渡御

ちょっと前になってしまいましたが、9月28日に今年も平塚市四之宮・前鳥神社の例大祭にお邪魔してきました。
昨年は御鎮座1650年式年大祭が執行され、あっという間に1年が経ってしまった感覚です。
令和になって最初の例大祭は土曜日に当たったせいか、夕刻の下郷地区からの担ぎ手がいつも以上に多かった印象です。

令和元年 神奈川県平塚市四之宮 前鳥神社例大祭 神輿渡御1

ということで、この日もほぼ撮影睦となってました(苦笑)

担ぎ手が多いと行列が長くなりますし、土曜の夕刻ということもあってか車通りも大変多く、ましてやバス通りの渡御がメインとなりますので、警備等々色々とご苦労される面もあったかと思われますが、渡御がつつがなく進んでいくのはさすがです。

2019年 神奈川県平塚市四之宮 前鳥神社例大祭 神輿渡御


令和元年 神奈川県平塚市四之宮 前鳥神社例大祭 神輿渡御2


境内にも沢山の参拝客や見学の方が居て、大いに盛り上がりを見せながら無事に神輿渡御は終わりました。
今回も参加させていただきまして、氏子青年会及び神社関係者の皆様、誠にありがとうございました。

動画もありますので、よかったら見てください。




令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿宮出し

本日(9/22)は初めて平塚市土屋に鎮座する熊野神社の例大祭での神輿宮出しを見に行ってきました。
いつもは他の祭礼に行ってましたので、途中の渡御自体もなかなか見る機会はありませんでしたが、今年は時間の都合もついたので宮出しだけ見に行ってきました。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭

天気が崩れる予報でしたが、朝はまだ青空が広がって気持ちのいい天候でした。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿宮出し

ここの神輿の特徴はなんと言っても一際目を惹く蕨手ですね。
一時期蕨手の仕様が変更されていた時代を経て、昔の形に戻されています。
平成20年に茅ヶ崎 神輿康さんの手により修復されてます。ついこないだと思ってたら、もう10年以上経ってしまったんですね(汗)
やはりこの蕨手の形状をみると伊勢原市の三之宮 比々多神社の神輿を連想してしまいますが、三之宮から譲り受けたという説が残ってるのも蕨手だけ見ると頷いてしまいますね。

氏子により境内からお発ちした神輿は、その後友好団体も交えて氏子地域へと向かっていきます。
隔年で渡御経路の回り方が変わるようですが、今年は宮を出て西方面へと進んで行きます。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御1

こういう時代を感じさせる建物との絵は何とも言えず良いものです。

2019年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御1

朝から多くの友好団体が集まっていました。
平塚でも秦野との境になりますので、平塚西部でよく見かける団体が多いのは自然な流れなんでしょうね。

令和元年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御2

この記事を書いている時点ではまだ晴れてますが、よく見ると遠くから雲が厚くなってきています。予報では段々と傘マークが並んでいるので、あとは降り始めのタイミングだけって感じですかね。折角の秋晴れですので、何とか宮入まで雨降らないようにもつといいですね。

2019年 神奈川県平塚市土屋 熊野神社例大祭 神輿渡御2


短い時間でしたけど、神輿を見送って帰路につきました。

動画も撮りましたので、そちらも載せておきます。






占いブログパーツ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オリジナルギフトのご用命は
おススメ シャンプー&コンディショナー
飯塚理容館 オリジナルシャンプー&コンディショナー
小杉ゆん ちゃん
小杉ゆん
うつし金蒔絵  お神輿
神輿の蕨手 和柄Tシャツ
Wooden Art ki-gu-mi 神輿
ゴルフ好き必見!
ホイル紙鳳凰
ちりめん神輿(大)
ちりめん神輿(小)
ミニ太鼓セット
神輿大全
NHK ふるさとの伝承 関東 / ドキュメンタリー
お薦め
プロフィール

まいてぃ354

Author:まいてぃ354
神輿サイト『まいてぃ’s どっこいHP』管理人のまいてぃです。
相模の県央から西側、湘南等を中心に神輿を担いだり撮影したりしております。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード