fc2ブログ

第47回大和市民まつり 神輿パレード

5月12日(日)は神奈川県大和市で開催された第47回大和市民まつりでの神輿パレードを見学してきました。
超久々で17年ぶりに行ってきました(前回は参加)

大和駅で降りてパレードの出発地点(柳橋交差点)まで歩いていきましたがシャトルバスを待つ行列も長く、またかなりの人出で既に大変賑わってました。
出発地点から少し撮影してましたが、全て見終えると会場の引地台公園へ先頭が着いてしまうと思い、途中で先回りすることにしましたので道中は一部の神輿しか撮れませんでした。
パレード終点まで人垣が途切れず満足する地点からは撮れませんでしたが、何とか全ての神輿を収めることができました。

第47回大和市民まつり 神輿パレード 大和天満宮
大和天満宮(屋根の修復を終えたばかりで綺麗でした 本体のみ金具は除く 修復匠:茅ヶ崎 神輿康)

第47回大和市民まつり 神輿パレード 桜ヶ丘金毘羅神社神輿會 札の辻自治会
(前)桜ヶ丘金毘羅神社神輿會 (後)札の辻自治会

第47回大和市民まつり 神輿パレード 大和 駒瓢睦(福田神社)
大和 駒瓢睦(福田神社) 明治20年 明王太郎景元 作

ここまでが江戸前担ぎで以降はどっこい担ぎです

第47回大和市民まつり 神輿パレード 高等町連合自治会
高等町連合自治会

第47回大和市民まつり 神輿パレード 大和 南林睦
大和 南林睦

第47回大和市民まつり 神輿パレード いちょう団地連合自治会 大和銀和会
いちょう団地連合自治会 大和銀和会

第47回大和市民まつり 神輿パレード 中福田神明神社神輿会
中福田神明神社神輿会

時代の流れと共に参加する神輿の数が減り、またパレードの距離も短くなるなど、どの地区でも同じような傾向にありますが、沿道で沢山の人がまだまだ見てますし、今後も長く続けられることを願っております。

動画もありますので、そちらもご覧いただけると幸いです。




令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿渡御&お浜降り

5月5日(日・祝)は小田原市城山の居神神社の例大祭を見学に行ってきました。例大祭の宮出しを見るのは初めてです。

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿宮出し

お発ちした神輿は社殿を一周回った後、拝殿前で煽りを行います。その後階段を下りて鳥居を潜り氏子地域へと向かいます。

2024年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿宮出し

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿渡御
国道1号線を走る場面も

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿煽り

一部松原神社の氏子地区も通ります。上は28区筋違・欄干橋の前で煽りを見せてる場面です

2024年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿渡御
チラッと小田原城が見える場所で

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿渡御2

西海子小路を進む神輿。西海子(32区)は松原神社の氏子地域でもあり、居神神社とどちらの祭礼にも参加しているようです。
ここの通りは明治から昭和にかけて多くの文学者が居を構えてたそうで、大きなお屋敷が並び緑も多く絵になる通りでもあります。

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 巫女の舞

荒久(31区)の祈祷場所で豊栄の舞を奉げる巫女

ここでの祈祷が終わると荒久海岸へ向かいお浜降りが行われます。

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿お浜降り

多くのギャラリーで人垣が出来る前を通り過ぎ海へと向かいます。
この日は大変風が強く、いつもの海の様子がわかりませんが、少し荒れてるような印象を受けました。

2024年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿お浜降り

事前に役員さん達が入念にルートを検討されていて、慎重に波打ち際を進んで行きます。

令和6年 神奈川県小田原市 居神神社例大祭 神輿お濱降り

波で脚を取られそうになりながらもギャラリーの歓声を受けつつ無事にお濱降りが行われました。
居神神社のお浜降りもやっと見ることが出来ました。
初見だとアングルの選定が難しいので、また別角度からチャレンジしたいと思いつつ、帰路に着きました。

例年この5月5日は夕方から国府祭還りの四之宮・前鳥神社の迎え神輿に参加しておりましたが、今年は青年会の総会があった為、この日の見学は居神さんだけでした。

動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。



令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿渡御

5月4日(土・祝) 松原神社の祭礼を見学した後、以前から気になってた小田原市石橋の子之神社の祭礼を見学しに行ってきました。
ここの神輿は監物恒夫さんの書である「相模の神輿2」に掲載されており、そこでは祭礼日が4/29となっており参加している神輿場があるから無理だなと思ってましたが、数年前に他の方のブログで5月のGW中との記事を見かけチャンスがあればと思いつつ中々行けずにいました。ここは昔は5月5日が祭礼日だったので5日と勘違いしてたのもありましたが、4日の間違いだったと気づいてこれは今回チャレンジしてみようと現地に昼過ぎに着きました。
国道135号線を走って石橋地区に入ると神輿の屋根が見えてきて「おっ、来た甲斐があった」とにやけつつ神輿の元へ。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿1

公民館の横に神輿は置かれていました。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿2

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿3

「相模の神輿2」では昭和12年に小田原山王の宮大工・鳥居常吉作と書かれています。ここで、4月に見学に行った同じく小田原市田島の津島神社の神輿は昭和10年に鳥居清吉作と由緒が書かれていました。同年代で常吉と清吉の二人の大工が居たのかとても気になるところです。
祭りの掲示物には大人神輿は15時からと書かれていた為、子之神社に参拝を済ませ空き時間に近くを散策してみました(宵宮の3日18時からも神輿が出ているように書かれていました)

こちらも以前から気になっていました「佐奈田霊社」が歩いていける距離でしたので、山を登って行ってみました。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 佐奈田霊社

ここは源頼朝旗揚げの地「石橋山古戦場」で、頼朝方の先鋒の佐奈田与一義忠を祀っています。与一公は持病の痰で「たんが喉につまったことにより討たれた」という伝説から、ぜんそく・たん・せきを鎮める神として崇められています。平塚市真田の天徳寺にも与一廟があります。その関係性から以前眞田尊の万灯御輿をここへ持ってきて担いだと聞きました。
自分も喉の調子が悪く、痰も絡みやすいため一度参拝してみたかった霊社でした。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 佐奈田霊社・観音堂
観音堂です

神奈川県小田原市石橋 佐奈田霊社からの眺め
境内からの眺め。天気が良くて(夏の気候でした)とても気持ち良い眺めでした

着いた時には参拝者は誰も居なかったのでゆっくりと参拝することが出来ました。その後ハイキングと思われる方々が数名いらっしゃってました(ハイキングコースになってるのですかね)

ゆったりとした時間を過ごして、再び子之神社の神輿の元へ。
定刻になり神輿がお発ちします。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿お発ち

国道135号線とほぼ並走するような道をまずは往復します。掛け声は「わっしょい」ですが、基本平担ぎで進みは速く時折ちょっと駆け足になることもありました。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿渡御

その後国道135号線にも出て、近くの鈴廣かまぼこ店やダイビングショップ、休憩を挟みつつ和の燻製店などに出向き店前で神輿を揉みます。
再び公民館前に戻って来て休憩した後、浜降りへと向かいます。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿浜降り

公民館の直ぐ横は石橋漁港で、そこで浜降りが行われます。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿濱降り

2024年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿浜降り

「相模の神輿2」によると浜降りも一旦途絶えていたようですが(以前は渡御自体も)、いつの頃から復活してたようです。
最初に見た時、金具の緑青が目に付いたのでもしやと思っていたのですが、撮影している合間にも海に入るというのを耳にしていたので濱降りが見れて良かったです。

浜から上がって再び公民館前で休憩し、その後宮入となります。
この辺りは道幅が狭くパッと見神社の場所が分かりにくいですが、公民館から程近く山に登る感じで神社があります。

令和6年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿宮入

2024年 神奈川県小田原市石橋 子之神社例大祭 神輿宮入
動画では分かりにくかったのですが、撮影した静止画では虹色っぽく写ってました^^(何の処理もして居ません)

境内に上がると少し練ってから拝殿に向けて宮入完了となりました。
正味1時間程度の見学でしたが、念願叶って良かったです。

動画もありますので、そちらもご覧になって頂けると幸いです。




令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 本社神輿渡御 他

5月4日(土・祝)は小田原市本町の松原神社の例大祭を見学に行きました。
前日の第60回小田原北條五代祭りでも見ましたが、パレードと祭礼ではやはり雰囲気が変わりますので久々に宮出しから見学です。

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 本社神輿
宮之前の山車との2ショット

本社神輿は各町内を巡って行き、その地域の担ぎ手に渡される「町内渡し」の形式で渡御されて行きます。
頻繁に跳ぶ場面がありますし、様々や「木遣り」を聞けるのも祭礼ならではですね。

2024年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 本社神輿
千度小路龍宮神社にて

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 本社神輿町内渡し

大きな神輿が跳ぶ(走る)シーンは前方から見ると迫ってくる感じに圧倒されます。
宮出しから高梨町辺りまでの町内渡しを見て、それから御幸の浜へ向かいました。
この日は千度小路龍宮神社の神輿を筆頭に幸睦連合として「代官町」「茶畑」「本町」「本丸」「宮之前」「千度小路・魚がし」の各町内の神輿がお濱降りを行います。
生で見るのは初めてです。

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 千度小路龍宮神社 お浜降り

千度小路龍宮神社の神輿を先頭に列をなして浜を進みお浜降りを行う地点へ向かいます。

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 茶畑神輿 お浜降り
茶畑神輿

順番に一基づつ海へ突っ込んで行きます。神輿によってその距離は様々です。

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 宮之前神輿 お浜降り
宮之前神輿

中にはどっぷりと浸かる町内もあり、見学者達から歓声が上がったりもします。
すっかり夏を思わせる天候で絶好の浜降り日和でした^^

令和6年 神奈川県小田原市 松原神社例大祭 幸睦連合 お浜降り

各町内の神輿が海へ突っ込んだ後は龍宮神社の神輿を中央にして左右に並び、斎竹が立てられた前で跳びます。
千度小路龍宮神社の神輿のみが斎竹の中に入り置かれます。

その後御幸の浜から各町内へと戻って行きました。

各地で浜降りが行われていますが、海にまっすぐ突っ込んで行く様は小田原流ならではのシーンですね。
神輿の周りには人垣が出来ていて、また足場も悪い為なかなか思うようなアングルで撮れませんでしたが、またチャンスがあれば撮影したいと思います。

動画もありますので、松原神社本社神輿の跳ぶシーンや各町内神輿の浜降りの模様をご覧頂けると幸いです。




令和6年 第60回小田原北條五代祭り パレード まち衆隊みこし

2024年5月3日(金・祝)は小田原市の第60回小田原北條五代祭りに今年も行ってきました。
行きの電車が既に混雑していて、肌感覚では去年よりも人出が多そうと感じました。
小田原駅に着いてお堀端通りは混雑していて身動き出来無さそうと思い、今年は国際通りの方へ向かいました。
国際通りは混雑もそれほどではなく(とは言っても場所取りも多くギャラリーはずらっと並んでますけど)、パレード見学には他の場所よりも向いてると思います。
ここではパレード前のパフォーマンスとして火縄銃の実演や忍者グループの演技などが行われてました。

令和6年 第60回北條五代祭り パフォーマンス 鉄砲演技@国際通り
鉄砲演技@浜町一丁目 想像以上に発砲音がでかかったですw

パフォーマンスなどを見てパレードの到着を待ちました。

パレードの武者隊・伊勢新九郎軍団として60回記念ゲストの伊勢新九郎役の八代目 市川新之助さんと北川殿役の四代目 市川ぼたんさん(共に十三代目市川團十郎さんのお子さん)が参加し、北條軍団として今年も合田雅吏さん(小田原ふるさと大使・初代早雲役)、髙嶋政伸さん(四代氏政役)、柳沢慎吾さん(小田原ふるさと大使・五代氏直役)が参加されてました。
動画では映してますので、そちらでご覧ください。

もちろんお目当てはまち衆隊のみこしです。

令和6年 第60回北條五代祭り 松原神社明神會@国際通り
松原神社明神會@国際通り

令和6年 第60回北條五代祭り 山王神社氏子神輿會@大工町通り交差点
山王神社氏子神輿會@大工町通り交差点

令和6年 第60回北條五代祭り 居神神社神輿保存會@大工町通り交差点
居神神社神輿保存會@大工町通り交差点

令和6年 第60回北條五代祭り 下府中富士見神輿連合會@大工町通り交差点
下府中富士見神輿連合會(矢作浅間神社神輿)@大工町通り交差点

令和6年 第60回北條五代祭り 大稲荷神社氏子神輿會@お堀端通り
大稲荷神社氏子神輿會@お堀端通り(順番としては山王神社の次でした)

最初は国際通りで待ち構えていましたが、各神輿のパフォーマンスを考えて大工町通り交差点へ移り、そこからお堀端通りまで追っ掛けながら撮ったので撮り損なったシーンも多かったです。
人垣を避けながらでしたのでなかなか追いつけずで次回撮る時にはまた別の場所でと今から考えてしまいます。
初めて撮影に行った当初はもっと楽に撮影出来たイメージがありますが、コロナ禍明けの去年と今年は溢れるばかりの人で観光的には大成功だったでしょう。

とても暑い一日だったので待ってる時間等含めて日焼けしまくりでしたが、祭礼では見れない神輿も出てるので撮れる時に撮っておきたいと再認識したひと時でした(欲を言えば祭礼時に撮りたいですけどね)

動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。




令和6年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 御旅所風景

4月29日は中井町の五所八幡宮の例大祭を見学に行ってきました。
都合で御旅所へ山車と神輿が入って来る時間帯位しか居られなかったのでそこだけ撮影しようと思ってました。

令和6年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 山車@神社前

生憎の曇り空でしたが気温もそこそこ高く見学には適した気候でした。
着いたときはまだ山車は橋の手前で待機してたとこです。
「五所宮囃子」が祭の雰囲気を高めてます。
先に参拝を済ませてそれから4台の山車が御旅所へ入って来るシーンを撮って次は神輿を待ってました。

令和6年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 白神輿
旭橋を渡る白神輿

別々の地区を回ってた白神輿と赤神輿が旭橋の近くまでトラックで運ばれて来て、16時半頃白神輿、赤神輿の順に担がれて旭橋を渡って御旅所に入って来ます。

令和6年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 神輿@御旅所1

2024年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 神輿@御旅所

令和6年 神奈川県中井町 五所八幡宮 例大祭 神輿@御旅所2

御旅所に入る前ではスマホで撮影出来てましたが途中一時停止とか操作している中で御旅所に入る場面は録画の再開に触れたつもりがきちんと触れられてなく、途中で録画モードになってない事に気づきましたが後の祭りです・・・
着輿寸前に気づいたのでその後は愕然とただ神輿を見てました。。。

比々多神社の編集した動画が上手く作成されなかったりで寝不足もありましたし、この日も行く前からお疲れモードだったのもあり何となく惰性で撮ってた感があったのでこういう結果になってしまいました。
静止画は何枚か撮れてたのでその中からここに上げてます。

この後神社の総会があったので泣く泣く帰りました。

まだまだ失敗だらけで反省ばかりですが、満足できてないのが続けられてる理由かもしれません(苦笑)

山車の動画はありますので、そちらも見ていただけると幸いです。




令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿渡御

4月28日(日) この日は秦野市千村の白山神社へ神輿渡御の応援に行きました。
白山神社の例大祭は本来29日に決まってますが、前日の28日が日曜日に当たる場合は日程変更されることが多いようです。
神輿の渡御は5年ぶりとなります。

令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿宮出し

令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿@寿湘ヶ丘老人ホーム
最初の休憩場所寿湘ヶ丘老人ホームでは藤の花が綺麗に咲いてました

令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿お発ち
休憩場所からお発ちする際には代表者により「お発ち~」の掛け声と1本締めが入ります

令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿渡御
千村はアップダウンが多い地区で、途中こんな急坂も

令和6年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿宮入

念のため用意されてた台車も出動することなく、全行程担いで渡御できました。
大変良い天候で暑さを感じる中でしたが予定より早く(これも予定の内?)宮入へ。
階段から上がって来た神輿は拝殿前で一揉みした後、社殿を3周回って再び拝殿前へ。

2024年 神奈川県秦野市千村 白山神社例大祭 神輿宮入

拝殿前で暫し揉んだ後宮付けとなります。

終始和気藹々とした雰囲気でほのぼのとした渡御を楽しめました。

神社関係者並びに白山睦の皆様、今回もお世話になりました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
一人でも多く来年以降も定着してくれることを願ってます^^

動画もありますので、よかったら見てください。



令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿渡御

4月27日(土) この日は伊勢原市に鎮座する相模国三之宮 比々多神社の大祭における神幸祭としての神輿渡御を見学に行ってきました。
これまで4月22日の日にち決まりで大祭が執行されており神輿の渡御も同日に行われていましたが、今年は神輿渡御は神幸祭として別日に執行されることになりました(22日は大祭の式典を今まで通り執行されたようです)。
やはり日にち決まりで平日に当たると参列者の確保など色々と課題があったようで、地元の方に聞いたところ前々から協議はされていたようです。

土曜日の開催とあってか以前に比べると担ぎ手は多くなっていました。初めて見学に行った当時は氏子しか担げないという仕来りでしたが今では応援が当たり前のようになっています(これはどこでも一緒ですけどね)

令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿渡御

GW初日ということもあってか、多くの参拝客や海外からの観光客と思しき方々も居たりと祭全体は大変賑わってました。

2024年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿渡御

担ぎ手が多かったので人形山車の脇を通過する時は担ぐのかと期待してしまいましたが、残念ながらこれまで通り台車での移動でした(帰還時も)

令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿@行在所
神戸の行在所にて

令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿渡御@神戸

道幅が狭い神戸地区の見所はこういう場面ですね^^
生垣も以前から比べると少なくなっていますので、今や貴重なシーンとなります。

令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神戸の神輿差し上げ
神戸の神輿差し上げ

三之宮・栗原への渡し前には神輿を差し上げて交代地点まで進みます。

2024年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿渡御
化粧塚からは担いで神社へと向かいます


令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 神輿宮入
境内に入ってくると神輿は差し上げられて拝殿へと進みます

令和6年 神奈川県伊勢原市 比々多神社 神幸祭 人形山車宮入
5年ぶりに人形山車も運行され無事宮入しました

久しぶりに神輿と一緒に回りました。
神輿渡御に関しては自治会の管轄とのことでこのような形を取ったようですが、参加者が少なく寂れていくよりかはいいのではないでしょうか。コロナ禍が明けてから神輿が出せなくなった地域の話も何件か耳にしています。
祭事ですので変えてはならない本質の部分以外は臨機応変に対応していくのが文化を守る術なのでしょうね。

動画もありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。




令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 神輿渡御

20・21日(土日)の二日間は宮本青年会として尾尻八幡神社例大祭の神輿渡御応援に行ってきました。

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 神輿宮出し

応援の前に今年も宮出しを見学に。
宮出しは応援も少なく氏子主体で行われます。
参道からトラックに載せられるのでそのまま見送り夕方からの応援に備えます。

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 宵宮神輿渡御

宵宮のメインは小田急小田原線秦野駅周辺がメインとなります。
恒例の駅前交差点での差し上げ。

2024年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 宵宮神輿渡御

今年の新年会でお世話になった「一の屋」さんにも神輿を差して、休憩させていただきます。

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 宵宮神輿大休止

一気に飛んで宵宮最後の見せ場、宮総代宅の難関の門潜り。
毎度の事ながら上下ギリギリです。
撮影ポイントでもありますけどね^^

2024年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 宵宮神輿大休止

提灯が落ちるハプニングもありましたが、怪我人も無く玄関前に差し上げて宵宮の渡御が終わりました。

明けて21日(日)の本大祭は昼前から応援です(その前は氏子主体でトラック渡御が行われてます)
この日は丹沢まつりや茅ヶ崎の大岡祭、秦野の他地区の祭礼も重なっていた為、神輿會はほぼ居なく宮本青年会が応援の主体となったので、日中の画像はありません(悪しからず)

応援団体が増えた夕方からは個人的には撮影主体に変わりますw

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 本大祭神輿渡御

途中からパラパラと雨が降ってきてしまい生憎の天候の下、担ぎ手が増えた神輿は威勢よく進んで行きます。
八幡山の辺りは高台の為、市内を横目に見下ろしながら進みます。

2024年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 本大祭神輿渡御

丹沢山系も煙ってるのがよくわかりますね。

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 神輿宮入道中

神輿の差し上げにはこういった場面も見られます。

この後、LUNA SEAの真矢さんと奥様の石黒彩さんも到着し、更に盛り上がりました。
その模様は動画でご覧ください。

2024年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 神輿宮入

シトシトと降りしきる雨の中、宮入して来る神輿。
参道の階段も濡れて滑りやすくなっている為、慎重に上がってきます。
参道の途中からは前棒は氏子が主体となります。

令和6年 神奈川県秦野市尾尻 八幡神社例大祭 神輿宮入

境内を大いに練り回った後、拝殿前で神輿を綺麗に差し上げて宮入完了となりました。
多少濡れてはしまいましたが、ずぶ濡れまでにはならずに済んで良かったです。

二日間、尾尻みこし青年会の皆さん始め神社関係者の皆様、お世話になりました。
参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

動画も宵宮・本大祭に分けてアップしてありますので、そちらもご覧頂けると幸いです。






令和6年 神奈川県秦野市 今泉神社例大祭 神輿渡御

4月14日(日)に秦野市今泉に鎮座する今泉神社の例大祭に渡御応援に行ってきました。

昨年は宮出し・宮入だけ担いで他は台車での渡御でしたが今年は従来通りに戻り、晴天に恵まれた中で大勢の担ぎ手も集まってコロナ禍前の雰囲気の中での渡御が行われました。

令和6年 神奈川県秦野市 今泉神社例大祭 神輿宮出し

お宮でのお発ちに際しては秦野特有の”せり担ぎ”で社殿の周りを3周回りますが、前棒は御門の青年会有志(ここ大事)と尾尻の青年会が中心となって行わせてもらってます。

2024年 神奈川県秦野市 今泉神社例大祭 神輿宮出し

”せり担ぎ”が終了した後、横棒を外して”どっこい担ぎ”に変わり氏子地域へと向かって行きます。
境内の桜はだいぶ葉桜になりつつある中でしたが、花もまだまだ見れる状態で春祭りらしい雰囲気が増してて良かったです。

氏子地域の渡御は台車を交えながら進んで行きます。
今泉は広範囲ですので一日回るとかなりの歩数になりました。
仲間の歩数計によると宮入した時点で2万歩だったとか(汗)

令和6年 神奈川県秦野市 今泉神社例大祭 神輿渡御
恒例の顧問のお宅にご挨拶

仲間とはもちろん色々な方と話が出来て、終始笑顔が絶えず楽しく参加できました。
夕刻からはLUNA SEA真矢さんと奥様の石黒彩さんも参加され(お二人とも秦友會会員)、担ぎに真矢さんは太鼓にと盛り上げに一役かっておられました(動画で見てくださいね)

令和6年 神奈川県秦野市 今泉神社例大祭 神輿宮入

渡御の様子は動画を見て貰った方がわかりやすいと思いますので、そちらもご覧頂けると幸いです。

今泉神輿保存会の皆さんを始め神社関係者の皆様、大変お疲れ様でした&ありがとうございました。






占いブログパーツ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

茅ヶ崎神輿康
茅ヶ崎神輿康
オリジナルギフトのご用命は
杉山タイル 桃さん工房
おススメ シャンプー&コンディショナー
飯塚理容館 オリジナルシャンプー&コンディショナー
小杉ゆん ちゃん
小杉ゆん
うつし金蒔絵  お神輿
神輿の蕨手 和柄Tシャツ
Wooden Art ki-gu-mi 神輿
ゴルフ好き必見!
ホイル紙鳳凰
ちりめん神輿(大)
ちりめん神輿(小)
ミニ太鼓セット
神輿大全
NHK ふるさとの伝承 関東 / ドキュメンタリー
お薦め
プロフィール

まいてぃ354

Author:まいてぃ354
神輿サイト『まいてぃ’s どっこいHP』管理人のまいてぃです。
相模の県央から西側、湘南等を中心に神輿を担いだり撮影したりしております。

リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード